JA西三河のこと

営農センターで「肥料・農薬相談日」毎週土曜日に開催


相談を受け付けるJA職員

 JA西三河では2017年度より、専業農家・兼業農家による農業相談や問い合わせに対応するため、土曜日に高河原センター・小牧センターでの営農相談を受け付けています。開催しているのは病害虫の発生が多い3月から11月までの第1~4.土曜日の午前中。営農部の職員が農業用資材メーカーの担当者とともに相談を受け付けます。

 病害虫の発生が多い4月から5月にかけては1日に10件近くの相談者が訪れる日もあり、主に家庭菜園で野菜栽培を楽しむ方が訪れました。相談者は病害虫の症状が出た作物を手に営農センターを訪れ、JA職員らは作物の症状を見ながら対処法などについて説明し、適用のある薬剤などを紹介しています。

 またJAでは、全支店・営農センターに「農業電子図書館」を設置しており、端末では、作物別の病害虫や防除に適した農薬とその使用法、生産情報や栽培方法など、幅広い情報を調べることが可能です。専業・兼業農家や、趣味として農業を楽しむ方のため、より便利で使いやすい店舗となるよう努めています。

関連ページ

(2017.8)