JA西三河のこと

「農業リスク診断」営農・共済担当連携により相談機能を充実


農業リスクチェックシート

 JA共済部では平成28年度より、農業におけるリスクに備えた保障提案と相談機能の充実を目的に、「農業リスクチェックシート」を活用した生産者向けの訪問活動を行っています。

 「農業リスクチェックシート」では、農作業中のケガや、農業用施設の損壊、第三者への賠償、出荷した農産物の回収や、自身が万一のときの備え、現金盗難などの様々な農業にかかるリスクに対する備えの有無をチェックします。平成28年度には生産者部会を通して、個人・法人あわせて256件の農業リスク診断を実施。結果を基に、後日LA(ライフアドバイザー)が個別に生産者宅を訪問し、農業に関するリスクに備えた保障点検と保障の提案活動を行いました。

関連ページ

(2017.8)