JA西三河のこと

准組合員意見交換会、2016年度より開催


准組合員に向けて話す名倉組合長


JA事業パンフレット
「創ろう未来を 地域とともに」

 JA西三河は、近年増加している准組合員の方々に対してJAと地域農業について知ってもらい、『地域農業の応援団』となっていただくため、2016年度より『准組合員意見交換会』を開いています。初開催となる2016年度は2日間で約200名の准組合員を招待。JAの常勤役員や役職員と准組合員らが盛んに意見を交わしました。

 意見交換会に先立っては、参加者より23項目からなるアンケートを取り、意見や要望を調査。各事業に対する厳しい意見から励ましの言葉まで幅広い意見が寄せられました。同JAの常勤役員らが担当の事業についてガイドブックに沿って紹介し、事前アンケートの報告とあわせ、寄せられた質問について説明・質疑応答を行いました。

 またこの交換会の開催に合わせ、JAではJAガイドブック『創ろう未来を 地域とともに』 を発行しました。ガイドブック中では、JAの理念・協同組合と株式会社の違いから、営農・産直・信用・共済などのJA事業、西尾市の農産物などを掲載しています。また産直事業のページでは、お買い物に役立てていただけるよう、「JAの産直店舗マップ」と題して、産直コーナーのあるAコープと産直店舗、その特色などを紹介。地域住民へのJA理解促進に役立てています。

 JA西三河では次年度以降も准組合員向け意見交換会を開催予定。准組合員へJAの意義や地域農業の魅力を伝え、JAと組合員の話し合いの場としてまいります。

関連ページ

(2017.8)